地域に密着した親しまれる医院を目指しています

HANAGURI【サン・クリニック】内科・放射線科

« 戻る院長の記事

はじめに

当院は皆様の健康を考え、暖かさと思いやりの心で地域に密着した医療活動を行い親しまれる医院を目指しています。
また当院は一般の内科的診療の他、放射線(画像診断)専門医としての特色を生かし、高速マルチスライスCT及びモニター診断等の最新式の高度なシステムを用い急性疾患及び腫瘍性疾患等の種々の疾患の早期診断を迅速かつ的確に行う事を目標としています。

高速CTとモニター診断

当院ではX線管球の連続回転を可能にするスリップリング機構を用いた高速マルチスライスCT(ヘリカルCT)を使用し、頭部から骨盤部までの広い範囲を短時間で撮像可能で、また撮像した画像を検査直後に迅速にモニターに写し出し被検者様に説明出来ます。
またモニターはそれぞれのスライスを大きく描写でき且つ病変部をモニター内部の↑で示す事により被検者様への説明もより分かりやすく出来、かつ病変部の大きさや内部のCT値も簡単に計られ質的診断の補助にもなり、また全スライスの冠状断像や矢状断像の再構成画像や三次元の立体的な画像の描出も可能で、より病変部が分かり易くなります。
さらに同一患者様の以前のCT画像を迅速に当日の検査画像と並べてモニターに写しだす事が出来CT画像の比較による経過観察にも非常に簡便で有用です。

放射線科医の立場からの開業医

種々の症状を訴えられる患者様に対して放射線科医の立場からは体の内部を一度画像で覗かない事には心配ないです、なにも問題となる様なものは有りませんとはとても言えません。
近年、病診連携の重要性が高まっている折、これからの開業医はホームドクターの役割と伴に疾患の早期診断を迅速に行い総合病院と緻密な連携を行う事で、患者様により有用な医療を行う事が重要と思われます。
またモニター診断システムは近い将来インターネットでつながれ、総合病院に診療所から直接画像が送られ、より迅速で高度な診断及び治療に役立つであろうと思われます。
最後にマルチスライス高速CTは腫瘍性疾患のみならず、肺炎、胆石、腎尿路結石、膵炎等の他の症状を伴う疾患の診断にも非常に有用で、開業医で気軽にCT診断が行える事が現在の医療には必要であると思われます。

人間ドックにおけるCT検査の有用性

悪性疾患(悪性腫瘍)は早期発見及び早期治療が原則ですが、早期には症状が無いことが多く、症状が出現してから精査をした時には進行している状況の事が多々有ります。
早期発見の為には定期的なcheckが必要で、CT検査はその意味では簡便かつ迅速に頭部から躯幹部まで全身的な検索ができ、有用と思われます。
当院では通常の一般的な人間ドックに追加したり、単独での全身的或いは部分的なCT検診も可能です。

※人間ドックは予約なしで当日直接来院されても可能ですが、検査内容のご希望も含めて前もってお電話で依頼していただければ幸いです。
(人間ドックを受けられる当日は、より精度の高い診断を行う為に原則的には、午前中に受診される場合は朝食を、午後に受診される場合は昼食を抜いていただくようにお願いしております)

☎0823-32-1515

呉市の内科・放射線科専門クリニック

【サン・クリニック】
呉市朝日町1-8 花栗ビル1F
院長/花栗 勝郎
【診療時間】
月~水、金/9:00~12:00 15:00~18:00
木・土/9:00~12:00
【休診日】
木・土午後、日、祝